水漏れしたので自分で直そうとしました。

            

賃貸3階に住んでいた時に、トイレのタンクの横のパイプから水漏れが始まりました。出産後、子育てでイライラしてたのもあり、トイレに行く度にポトン、ポトン、という音に耐えきれず、ドライバーを用意すること無く、ネジを適当に回してしまいました。
その途端、あり得ない勢いで水がダーと出て来て、あっという間にトイレが5センチ程水が溢れてしまいました。
その賃貸物件は、トイレのドア枠がトイレの床きら7センチ程上にあったので助かりました。
あまりの水の勢いで暫く呆然として、激しく後悔したり、水道代凄く高いのでは等々色んな感情や思いが脳内を駆け巡り、手ではボルトを元に戻せない事も理解し、ドライバー何処だっけ?とアタマをフル回転させて、ビショビショになりながらリビングの引き出しにドライバーを取りに行って、止まってくれーーと願いながらボルトを締めました。
その後、下の部屋の人に説明し、トイレの天井から水漏れしてないか確認をしてもらい、不動産会社に報告をし、トイレを掃除して終了しました。
全て自分が悪いので激しく反省し、次の水道代請求を祈る思いで待ちましたが、いつもと変わらない金額だったように記憶してます。水周りはプロに任せるべし、と誓った出来事でした。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です