子供がトイレットペーパーを流しすぎて…

            

我が家には、3歳の息子がいます。自分でトイレに行けるようになり、なんでも自分でできることや大人と同じようにできることが嬉しくて、大用の後にはトイレットペーパーを使用するようになりました。いつもはシングルのトイレットペーパーをセットしている我が家ですが、その時はたまたま余っていたダブルをセットしていたようで…いつものペースでトイレットペーパーを巻き取る息子、流すことになるペーパーの量は2倍…。見守ってはいましたが、まさかダブルだったとは自分でも思っていなくて、特に何も考えずにレバーをひねらせると…すべて奥にはいったものの、流れた感じがせず再度レバーをひねると水位がどんどん上がってきます。しばらく時間を置くと少しずつ減っては行きますが、何度かトライしても奥で紙が詰まって流れないことに変わりはありません。

そこで、原因がトイレットペーパーの場合のことをネットで調べてみると、お湯を流すと紙が溶けやすくて良いということがわかりました。慌ててケトルでお湯を沸かしながらもう少しスマホを読み進めていると、熱湯はNGとのことでした。トイレの陶器が割れたりいたんでしまう可能性があるとのことでした。焦って熱湯を入れようとしていたのでよく読んで良かったです…。50度くらいに設定し、小分けにしながらトイレに流し、少ししてレバーをひねってを2~3回繰り返すと、奥でゴーッと音がして、無事自宅で解決できました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です