接続部の水漏れ

            

トイレの止水栓は壁の中や床の下から出る管に止水栓つけられていて、そこから水漏れ起きたりします。トイレはたいてい止水栓がもう消えられていて、修理時に占めるためのものなので鵜が、止水栓本体から水漏れ起きたりすることも。普段トラブル起きない限り止水栓触ることありませんが、トラブル起きてなくても劣化が原因で水漏れが起きるのです。

止水栓仕組みを理解してれば当然三角パッキンやスピンドルやコマパッキン3つで構成されていて、それらが摩擦でこすれあって劣化して正常な働きしなくて隙間から水漏れしてしまうのです。

止水栓から水漏れ起きたらしめることできないのにどうやって修理するのかと疑問になるはずでしょう。そうしたときに家全体の元栓閉め修理することに。そして止水栓はマイナス溝タイプ、ハンドルタイプなどがありますが、それら修理法は一緒です。最近あまり見なくなりましたが、三角タンクや隅付きタンクと呼ぶタイプのトイレがあって、これらは古いタイプのトイレでタンクから便器にかけ給水管でつながれてます。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です