トイレ排水管について

            

給付移管付近からも水漏れや排水管付近からや便器株からなどありますが、実際それ以外にトイレで起きるトラブルには複数の種類があるのです。ですが、気づけば床が濡れていたりなど水漏れ箇所特定できなければ一回トイレの水流し水漏れ箇所特定しておいてください。トイレ水漏れでよくみられるケースに給水管接続部からの水漏れがありますが、トイレの給水管は主に壁から出る配管に止水栓が接続されて、その先に温水洗浄便座設置するときに必要な分岐金具あります。そしてこれからタンクへ接続されるところを給水管と呼びます。これらはナットで固定されていて、ナットは3か所あって、ともに水漏れ起きやすい箇所なのです。トイレ排水管は壁の中や床下から出るものもあり、温水洗浄便座設置してなければ曲げの利かない鉄タイプですが、温水洗浄便座ついてるときはフレキシブル菅でとなります。これに原因はないですがナット部に取り付けられてるパッキンが原因で水漏れが起きます。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です