トイレのトラブルとして上手く流れないことがあった

            

トイレがうまく流れないということがよくあったのですがこれはいったいどうしてなんかと考えてみたのです。

故障というほどではないのですが要するに流れが弱くなっているということがあったのです。色々と考えてみた結果タンクの中を見たところペットボトルが入っていたのです。要するに水を少しでも流さないようにしようと言う節約術の一つでありそういえば親がやっていたらという記憶が蘇りました。

実は全くおすすめできないことでありそうその流れというのはしっかりと計算されて作られていますから水を節約することよりも詰まることの恐怖の方が強くありましたのでこれを改善させました。当たり前ではあるのですが水は強く流れることによってトイレットペーパーや排泄物を下に流し込むようになっています。

ですからペットボトルに入った水の分を節約することができるのは確かなのですが故障につながることがありますのでこれはやめておいた方がいいでしょう。実際、トラブルになったことがあるので早く直せてよかったです。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です