トイレが流れない時にまずやって欲しいこと

            

トイレの水が流れないのは大変困ったトラブルです。
汚物を流すことができず、臭いもこもりますし、衛生状態も心配です。
トイレの水が流れない場合にまず試して欲しいのは「バケツを使ってタンクの水を流し入れること」です。
実際に流れない場合にタンクのフタを開けて、バケツにタンクの水を汲み、タンクの中に水を注ぎ込むと流れるようになりました。
トイレの水が流れない原因の1つとして、タンク内にあるパーツの引っかかりが挙げられます。
そこで、タンク内の水を一旦バケツなどに汲んで、それをまたタンク内に戻してあげることで、タンク内のさまざまなパーツの引っかかりや詰まりが解消され、水が流れるようになります。
動作確認のためにも、水が流れない場合はタンクに水を流して入れることはまず試してみます。
タンク内のパーツの引っかかりや詰まりをスムーズにしてあげれば、水が流れないといったトラブルの解消につながります。
タンクに水を流し入れるだけで解消できる可能性も高いので、水が流れない場合は慌てずにまずはバケツにタンクの水を汲んでタンクの中に注ぎ込めば流れを作りやすくし、水が流れない原因を排除できます。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です