トイレが詰まってしまった!自分でできる対処方法とは?

            

トイレが詰まってしまうと慌ててしまいますが、自分で解決できる方法があります。
トイレの詰まりというのはトイレの水が急に上がってしまうことで起こります。
詰まりの原因としてトイレットペーパーの詰まり、汚物の詰まり、ボールペンやスマホ、生理用ナプキンなどの異物を流してしまった場合の詰まりが原因である可能性が高いです。

トイレの奥の方に詰まりの原因となって流れてしまったものの一部が見え隠れしていたり、ゴム手袋を使って手の届く範囲で排水溝の奥をゴソゴソさせると見つかることもあります。
自分で詰まりを解消する方法は、便器につけてパコパコとする「トイレスッポン」です。
便器に吸い付いて詰まったものポンっと吸い出すラバーカップのことです。
便器のくぼみにラバーカップを押し付けて、しっかりと詰まりの原因を吸い出します。
押し付けて吸い出す動作を何度か繰り返すと便器の奥に隠れてしまった詰まりの原因を吸い寄せることができます。
原因物を取り出して、バケツを使って少しずつ水を流して、無事に流れることを確認できたら完了です。

トイレスッポンを使って詰まりの原因をより確実に取り除くポイントは、カップをしっかり便器に貼り付けて空気が抜けないようにして、押したり引いたりを何度か繰り返していくうちに詰まったものが吸い付いてくれます。

ただし、小さいものは排水管を通って流れてしまっていることがあるのでそういった場合はトイレスッポンを使っても取ることができないので業者に対応してもらうことになります。
トイレスッポンは詰まったものが便器の奥に見え隠れしていたり、排水溝の奥をゴソゴソさせると見つかる場合に有効な方法です。
ある程度大きさがあるもので、排水管を通っていないものだとトイレスッポンを何度か押したり引いたりを繰り返すと除去できる可能性が高いです。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です