トイレの工事のちょっと苦い話

            

我が家ではトイレのトラブルで2度ほど、業者の人に頼んできてもらったのですが、どちらにもあまりいい印象がないです。
1回目はCMで有名な某社に依頼をしたのですが、料金が思ったよりもだいぶ高かったのでそのときは保留にして、後で同業の別の会社を調べたらけっこうお安くなったので、けっきょくこちらのほうにお願いすることにしました。
その業者さんに某社の料金について言うと「そういう話(高いということ)は、よく聞きます」と言われました。ネットで検索しても”高い”というキーワードが出てきますし。
このことを言いふらすつもりはないですが、もし友達がもし水回りの工事を考えていると知ったら、この某社はやめておいたほうがいいと言います。
2回目は便器とその周りの壁をタイル張りにする工事をお願いしました。1回目のときとは違う業者さんにです。
工事が終わり、トイレで用を足そうと便器に座ったところ、なんか座りごこちがよくないのです。足がしっかり床につかない大きさの便器になってしまっていて(ほんのちょっとの差だと思いますが)、これじゃ不便だとクレームをいれて、便器をかえてもらいました。工事する前には、便器のサイズもしっかり打ち合わせをしたはずなのですが、どうしてこんなミスが・・と思いました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です