トイレの流し水が伝わってくる壁からの、パイプが外れて水があふれだしました。

            

子育てを行っている頃に、私はトイレの大きなトラブルを発生させた事があるのです。

水洗トイレが便器へと流れる水が、壁側からパイプを通じて出てくるものです。

子供がまだ2歳になった時でしたから、和式であるトイレも子供にしたら使いにくく感じていた様です。
その為に、壁から出てくる水が伝わるパイプを、取っ手代わりとしての子供なりの知恵を使って、トイレを終えていたわけです。

トイレが終われば、女の子である子供はいつもパイプに支えられていたのです。
母親の私も、その事については全く知らなかったわけでもないのです。

もう少し気遣いをすれば、部屋にそのトイレの水があふれる事にはなっていなかったのです。

トイレのパイプが外れて、水があふれだしました。
とても驚くと同時に、私は嫌な気持ちになりました。

水道の元栓をしらないために、水を止めるまでに時間が掛かってしまいました。

住いは主人たちが働く、同じ会社の仲間が住む長屋風なところでした。
こんなありさまとなって、お隣の人なども協力してくださいました。

でもなかなか水道の元栓の位置を知っている人は、いなかったのです。
庭に砂利が置かれていて、その下側に水道の元栓は、やっと見つかりました。

トイレの部品に余計な力を加えては、いけない事を知りました。
我が家の失敗談は、近くに住む人にも目立ってしまいました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です