忙しい朝にトイレつまり、見る見る上がる水位に頭はパニック!

            

以前住んでいたマンションでのことです。
忙しい朝の出勤時、そのトイレつまりはいきなりやってきました。
用を足し水を流すと、何やら聞いたことの無い怪しげな音がゴボゴボと。
見ると便器の水位が見る見る上がってきています。
このまま便器から水が溢れ出すのかと頭はパニック状態。
が、何とかギリギリのラインで水位を保ったまま、溢れ出るまでは至りませんでした。
当時は一人暮らし、後始末を頼める同居者もおらず自分で何とかしなければなりません。
管理会社に連絡をして業者を呼んでもらうにも、まずはこの状況を少しでもマシにしたいと考えました。

まず頭に浮かんだのは、詰まった時にあのスッポン、スッポンと吸引する道具のことでした。
しかし近所にはホームセンターらしきものはありません。
その時、自宅からは徒歩で15分くらいのところに、老夫婦が営む昔ながらの金物店があった事を思い出しました。
とにかくそこに行けばあのスッポンする道具があるはずと、自転車を飛ばしてお店に向いました。
お店に駆け込み「トイレがつまってしまって、あのスッポンとつまりを取るヤツが欲しいんですが」とお店の人に訴えると、「ああ、ハイ、ラバーカップね」と置いてある場所に案内してくれました。
その時あのスッポンとやる道具に「ラバーカップ」という名前があることを初めて知りました。

家に帰り早速ラバーカップを使ったのですが、どうもにも上手くいきません。
しかし繰り返していくうちに、少しずつラバーカップを扱う要領が分かってきました。
トイレの奥まで真空状態になるような感じで、ラバーカップのふちをぴったりと排水口に合わせながら押し込んで動かします。
押し込むときはゆっくりと動かし、反対に引き戻す時には勢い良く引っ張ります。
やがて握っている柄の部分に押し戻される水圧のようなものが感じられるようになり、それを数回ほど繰り返すとゴゴゴゴッという音とともに水が流れていきました。

特別何かがつまっていた様子もなかったので、まずはそのまま様子を見てみることにしたのですが、やはり不定期ではありますがトイレつまりは繰り返されたので、管理会社に連絡して業者にきてもらうことになりました。
何か異物を流してしまったわけではないので、これと言った原因は分からず、取りあえずワイヤーブラシのようなもので配管を掃除してもらいました。
業者の人が、1階というのはトイレつまりが起こりやすいと言っていたので、その後は週に1度パイプクリーナーで掃除をするように予防しました。
その後、住まいも変わりトイレがつまることもなくなりましたが、あの時に買ったラバーカップは今もお守りのようにトイレの片隅に立て掛けています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です