使う紙が違うと詰まりやすい。

            

これは、少し前に厚めのトイレットペーパーを使っていた時に起きた事件です。その紙は値段が安かった。たくさん入って他の物より割安で手に入る。紙も厚手でしっかりとしている。それで欠点があるように見えなかった。それなら使っていて良いか。

その頃に、突然トイレが詰まってしまう。水が溜まると流れなくなる。どれだけ流したくても溢れるだけだ。それで困ってしまう。トイレを使えないとどうにもならない。さっさと開通しないと。

あわてて買ってきたのはトイレのスッポン(正式名ラバーカップ)です。それを使ってスッポンスッポンとやっていくと、どうにか流れた。汚いのが流れて消えていく。それで解決した物だと思った。

だが何も解決していなかった。それなら一週間もしないうちにまた詰まったんだ。それもひどい状態だ。便器の中に汚いのが溜まっている。それが流れていかない。こんなことだとやってられない。一応スッポンでやってみたけど、解決できなかった。またすぐに詰まったから。すると問題が残っている。

遂に業者を呼んで対応した。それですぐに流れるようになったのはいいが、業者の話だと堅い紙だと配管に詰まりやすくなるそうだ。うちのトイレに合わない。だから使わない方がいい。すると今使っている紙が駄目なのか。それなら使わない方がいい。原因がわかれば、納得する。トイレットペーパーが悪い。どこのメーカーのか言えないけど。詰まる紙がある。

それから紙を変えたら詰まらなくなった。あれから問題1つ無くなると、トラブルすらない。おかげで助かっているが。その紙を使っている家庭は、トイレが詰まって大変だろう。もしトイレが詰まりやすい家庭があるなら、気をつけた方がいい。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です