凍結により水道のスパウト部が破損

            

私の住んでいる島根県は、冬場水道が凍結します。凍結することにより、水の体積が増え、水道管に穴が開いたり、最悪の場合は、破裂することがあります。
今年の冬は、マイナス5度を下回ることもあり、外にある水道には、保温を巻くことが必要でした。しかし、保温を巻くことを忘れ、水道のスパウト部が変形し、水が出なくなりました。
私自身、水道のスパウト部の交換はしたことがありましたが、水道屋を呼びスパウト部を交換し、通水も良好になりました。今回は、スパウト部の変形だけであったため、被害は少なくて済みましたが、これが水道管の破裂などであれば、水道のコマや、ハンドル部の交換が必要になりました。
次回は、水道凍結によるトラブルが起きないように、天気予報で冷えそうな日は、保温材を巻くようにします。また、巻き忘れた場合でも、水道の水を少しずつ出して凍結することを防ぐようにしたいと思います。
今回は、業者を読んで対処してもらいましたが、次回は、自分でスパウトの交換ができるようにしたいです。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です