トイレを掃除している時に起きてしまった

            

トイレを夢中に掃除していた時のことです。トイレを除菌シートで必死に拭いていました。しばらくお掃除をしていなかった為にしつこい汚れや気になる汚れも多かったのです。
そういや何枚ほど除菌シートを使ってトイレの便器の中に掘り込んだのだろうとふと思いました。24枚入りだった除菌シートが残りわずかになっていました。しかし、トイレの便器の中を覗いて見ると、除菌シートは薄くて嵩張らない為、さほど入れているように思えませんでした。きっと流れるだろうぐらい思っておりました。
しかし、流した瞬間水がみるみるたまってきました。便器の中の水位が一気に上昇してきて、ドキドキしながら水位を見て避難する準備をしていました。どうにかギリギリ溢れるまでは行かず、上昇した水位は止まりました。しかし次水を流すレバーを触るとすれば必ず溢れます。一旦水が引くまで待ってみました。そして5分ほど経つと水位は通常通りになりました。
そこで、私はあることに気が付きました。通常通りの水位からトイレが詰まって一切流れず溢れてきたとしても、『小』の方向のレバーを引くと溢れることはないのです。おそらくトイレのタンクの中の水の量がトイレの便器の中に納まる水の量であると思います。
そこで5回ほどトイレの水位が通常通りなれば再び流すという作業をしてみると、ついにゴボボという大きな音を立てて流れました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です