古い団地やアパートだと注意が必要です

            

以前暮らしていた家が洗濯の排水を考えて設計されてなく、洗濯機の排水はお風呂場に流していました。洗濯の度に排水溝から水が溢れたり、酷い時は水漏れして下の階の方のご迷惑になったりしました。また、洗濯機からゴミが流れるので排水溝がすぐに詰まってしまいました。できる限り細めに排水溝の掃除を行い、ホースをガムテープで補強して、洗濯の時は誰かが見張るようにしました。対策をとっても排水溝は詰まりやすく、何度が水が溢れたこともありました。水が溢れるので何度か湯沸し機が壊れました。新しい家に引っ越してからは、洗濯機の排水は考えて設計されていたので、水が溢れる心配がなくなりました。古いタイプのアパートや団地だと、洗濯機の排水設備が出来て無い場合もあるので引越しを検討されている方は下見の際にご確認下さい。それでも住まれる方は排水溝を細めに掃除、ホースに穴が空いている場所は無いか確認、定期的に水漏れないか確認しましょう。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です