今はやりのシャワー式水栓。

            

蛇腹ホースを伸ばし洗面所周りを洗える水栓が最近利用している方が多いと思います。

結婚当初に入居したマンションでの水栓もこのタイプのものでした。

田舎から都会に住み始めて何もかもが新鮮で、都会ではこんな便利な蛇口を使っているのだと感激し、

毎日洗面所を使う度に蛇腹ホースをぐいぐいひっぱってシンク周りを洗っていた記憶があります。

大掃除で洗面所の中を掃除していた時の事。

洗面所下にある水受け部分にずいぶん水が溜まって居ることに気が付きました。

水栓のレバーが下がっているとき(蛇口が締まっているとき)は吐水口から水も漏れていません。

何で水が漏れているのだろう?と主人に相談をしたら、

もしかしたら蛇腹ホースに亀裂が入ってもれているのかもしれないよ、といわれ、早速業者を呼んだところ、

主人と同じ結論を指摘されました。

結局部品交換ですみましたが、これからはもう少しやさしくホースを伸ばして使おうと反省して使っています。

ノズルがついているのは非常に便利な機能ですが、作業となるとやはりお金は1万円以上かかってしまいました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です