トイレの水漏れの原因はウォシュレットのタンクの寿命

            

我が家のトイレの水のトラブルは、ウォシュレットが原因でした。

トイレをウォシュレットに替えてからもう15年程経ちました。
ずっと便利に使って来ましたが、ある日からなんだかウォシュレットの水の強さが弱くなった気がしたのです。
しかし、もう大分古くなったし調子の悪い時もあるかな。
なんて特に気にせずに使用を続けていたのです。

調子が悪いなと思ってから2日目にトイレの床が水浸しだったのに気が付きました。
家族でビックリしてトイレ周りを点検するとウォシュレットのタンクから水が漏れていたのです。

水漏れを軽く考えていたので、漏れている部分をガムテープでふさげば大丈夫だろう、なんて考えていました。
しかし当然ですがガムテ―プでは補修出来ません。

仕方が無いので業者さんに修理をお願いしました。
業者さんはすぐに来てくれて、トイレを見てくれたのです。

しかし残念ですがウォシュレットはもう寿命で直りません。
買い替えが必要になってしまったのです。
通常ですとウォシュレットだけで済みますが、古い便器だと便器ごと取り換えなければならないのです。
業者さんの話ですと便器は大体10年以上経つともうウォシュレットが対応していなくなるそうです。

うちの便器はもう15年以上経っていましたが幸い業者さんが便器に合うウォシュレットを持っていました。
それを譲って貰い、トイレの水漏れは直ったのです。

水漏れは放置すると床が腐ってしまいます。
速やかに原因を突き止め修理する事が家を長持ちさせる秘訣だと思いました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です