温水トイレ操作パネル付近から水がポタポタと..

            

今回は自宅の温水トイレで起きた水漏れについてお話をさせて頂きます。
3ヶ月程前のことです。用をたす為、トイレに入った時に個室のノンリューム床にうっすらと水が溜まっていました。
初めは水が漏れている等とは思いもしなかったので、どうして水がトイレの床に溜まっているのか訳が判りませんでした。
自宅のトイレは給水タンクが便器の背面に付いていて、タンクの上から水が補充される極々一般的な密結式と云われるタイプ
ものですが、いったい何処からの水なのか?隅々まで見てみましたがタンクへの給水部分や個室内での水供給のおおもとの
止水栓からも一切水が漏れている様子はありませんでした。
水漏れの場所が特定できなかったので、しかたなく手のひら二つ分くらいに溜まっていた床の水を拭き取り様子を見ることにしました。
30分ほど経って様子を見にトイレに入ると、やはり同じ場所に水が溜まっていたのです。
そこで暫く溜まっている水を見ることにし、どこから水が来ているのか調べることにしました。
すると、ものの1分も経たない内にスポイトで垂らした様にポタリと水が温水便座の右脇に平行して付いている操作パネルの
下付近から垂れているのが判りました。
後から水道屋から聞いて知ったのですが、洗浄ユニットの「水抜き栓」と云うパーツのパッキンが劣化していた様です。
洗浄ユニットを付けて10年程経っていたのですが、まさかパッキンの様な消耗する部品が関係しているとは思いもしませんでした。
結局、近所の水道屋を呼ぶことになりまして、パッキンの交換だけでは済まずに温水便座ごと、そっくり交換となり、予期せぬ急な出費に
なってしまいました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です