トイレの水が流れてる音・・・いつから流れっぱなし?

            

我が家のトイレは使用後、便座から立ち上がると自動で流れる自動洗浄のトイレです。
ある日の朝、いつもどおりにトイレを使用しました。もちろん自分で流す手動レバーを使うことはなく、
自動で流れますので、流れていくところは確認しました。
手を洗っているときも水が流れている音がするのも、いつもどおりなのでなにも気にしていません。
そこで水が止まったかどうかを気にしたことがなかったのがいけなかったのかもしれないのですが、
いつもどおり何も気にせず出かけてしまいました。
数時間後、帰宅すると誰もいないはずの家からトイレの水が流れている音がするのです。
えっ?なんで?
?が頭を繰り返しながらトイレへ向かいました。
そうすると水が流れているんです。
えーーー!!と心のなかでさけびながら、どうしようか?どうしたら止まるんだろうかと、
トイレをみつめて立ちすくんでいたら、ふと目に入ったトイレの横に通常ついている手動の流すレバーが
ななめに傾いたままになっていました。
あわてて手動レバーの傾きをなおそうとしても、すぐにもどりません。
無理してこわして水が溢れたりしたら、もっと大変なことになる。
と思い、こんどはタンクのふたを開けて中を見てみました。
そうすると、中の水がある程度たまってきたら動くおもりのようなものが、どこかにひっかかって、
ちゃんと作動していなかったようです。
タンクに手を入れて、おもりやその周辺の部品を動かしてみたら、いつもどおり水がとまってくるような
音がし始めました。
どうやらタンクの中の部品たちがうまく作動していなかったようです。
本当にホッとしました。
今回は、誤作動に気づいて業者を呼ばずにすみましたが、これが旅行で何日も留守にしたときだと思ったら、
ヒヤヒヤものです。
いつも何気なく使っているトイレですが、どういう仕組みになっているのか、ちゃんと作動できているのか、
日ごろから確認するのが大切だなと思いました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です