タンク、便器間の配管から水漏れは

            

トイレの水漏れの被害拡大しないためには止水栓を占める必要がありますが、うちのトイレの止水栓はどこなのかといった方もいることでしょう。

ほとんどはタンク横に止水栓がついていますが、ウォシュレットの止水栓あって、間違えないでください。マイナスドライバーで時計回りに回せば閉められるはずです。

またマンションなど集合住宅は玄関横のパイプシャフトの中に元栓あって、戸建てならし基地内地面にあります。修理用具を準備して止水栓止めれば今後トイレのどこで水漏れしてるか調べましょう。

場所特定して被害最小限にしてピンポイントで修理が可能です。トイレタンク手前の排水管、給水管から水が漏れてるとき分岐のパッキンに不具合が原因で、修理法はパッキン交換だけでとても簡単です。タンク側排水管、止水栓ナット順で外して、パッキンを新しいのに交換しましょう。タンクから便器へつながる配管から水漏れしていれば配管ナット、パッキンの不具合考えられます。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です