ロータンク内にあるフロートの故障で水道が出っ放しになっていた

            

我が家は、築30年を越えた頃からいろいろなトラブルが発生し出しましたが、トイレ関係がその先陣をつけてきました。

深夜寝静まったころどこからともなく、シューシューという音がするので、気になってはいたのですが、原因が分からずそのままにしてしばらくしたころ、水道メーターの検針に来た業者さんから、「今現在、水道はお使いですか?」と尋ねられました。

「いいえ」と答えると、メーターが回っていますから、どちらかで水漏れが起きていると思いますので、調べてみてくださいといわれ、そういわれても困るというと、まずトイレをチェックしてくださいといわれ、タンクの蓋を上げてみたら、水が勢いよく出っ放しでした。

フロートの故障で、沈み込んだ状態でした。それで2か月分の水道代が3万になることを知らされたのですがその後、水道局から漏水原因を聞かれ、フロートの故障であることを伝えると1万に減額されました。

ただし、水道局員の検査がいるというので、その前にホームセンターで新しいフロートを買って来ました。

通常の水道代金は2ヶ月6千円程度なので、事前にフロートを替えていたら、差額の4千円よりも安価に済んだだけに、トイレの水周りは定期的にチェックする必要を感じました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です