トイレのレバーを繋ぐ部分が割れました

            

真夏の夜頃だったのですが、用を足してレバーを引いて水を流したら、突然、バキッと何かが壊れた音がしました。何度レバーを動かしても流れたままで止まりまらなかったから、栓をドライバーで止めてトイレのタンクを開けて見てみました。中はレバーを繋ぐパッキンが古くなってた事もあり、割れてました。
業者に電話をしたら、前にも何件かあり、修理が明日になるそうです。なのでしばらくは、やむを得ず用を足したくなった時は、お風呂から水を汲んで流してしばらくやり過ごしてました。
次の日にかなり待ちましてたが、来てからは1時間かからずに直りました。
壊れてから直るまで振り返ると、トイレの必要性でした。
便器が丈夫なので、多少水圧が低くても問題ないと思ってました。けど、30年位前からの水洗トイレなのでしばらく使えば問題が起き、大のレバーを引いても一度では流れなかったり、紙を入れすぎると詰まったまましばらく流れない。でもそのおかげで、気を付けながら同じ様にならない対策と工夫をする事を学ばされました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です