凍結で給水パイプに亀裂が!トイレが水浸しに!

            

寒気により、外気温がマイナス10℃を下回り、トイレの給水パイプが凍結しました。朝、トイレを使用した際にタンク内の水が流れたものの、給水されないことから異常に気付きました。トイレが使えない状態は非常に不便かつ困るため、凍結を解消するためファンヒーターからの温風をトイレ内に送風し、室温を上げた結果、凍結が解消されたものの亀裂が生じた部分から水が噴き出してしまい、トイレ内が水浸しになってしまいました。応急処置として自分で給水バルブを閉じ、給水を停止したものの、噴出した水を被りずぶ濡れになってしまったため、トイレ内にバルブではなく、元栓を閉じるべきだったと後悔しています。応急修理として、水回りの補修用としてアルミテープが自宅にあったため、給水パイプに巻き付けて業者が修理するまで誤魔化すといった処置を行い、トイレが使えなくなるといった問題は解決しています。現在は凍結を防止するため、給水パイプに保温ヒーターを巻き付けて予防しています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です