トイレの水が、いつまでもチョロチョロと流れていて困った

            

以前、1DKのアパートに一人暮らしをしていたときのことです。
トイレの水を流したあと、通常はタンクに水が溜まると水の流れも止まるのですが、ある時からいつまでもチョロチョロと流れていることに気づきました。
最初は、しばらくして止まるのですが、だんだんと流れる時間が長くなり、なかなか止まらなくなったのです。
タンクの蓋を開けてみると、どうやら浮輪が定位置に戻らず、そのために水栓が止まらない、ということが分かりました。
そこで浮輪を手動で上げてみました。手動で上げると水は止まります。でも、手を放すと浮輪は下がってまたチョロチョロ・・・
これは素人では直せないな、とあきらめ、業者を呼ぶことにしました。
夜中、寝ているときにもチョロチョロ音がすると、気になって眠れなくなる領域まで達したからです。
業者を呼ぶにあたって、まず思いついたのは「クラシアン」。
「早くて安くて安心ね」というCMソングが印象的すぎて、まんまとお客さんになってしまいました。
今思うと、もっと業者の比較をしたり、まずは大家さんに相談したりすればよかったと思っています。
そして、クラシアンの業者さんですが、
まずは状況を見ていただいたところ、「部品の交換が必要ですね。だいぶ古くなっているようです。そうなると1万2500円ですね」と言われたのです!!
「そんなに支払えません」と正直に伝えたら、
「では、なんとか今の部品でやってみます」と言われ、
何をしてもらったかというと、浮輪がついている棒をペンチで曲げられました。
そしてお値段は、4700円。正直「高いなあ・・・」と思いました。
でもクラシアンさんは、「これが最低金額なんですよ。CMで安いと宣言しているので、高くできないんですよね」と苦笑しておられました。
業者さんもそれで生計を立てていらっしゃるのだし、わざわざ駆けつけてくださったのですから、仕方ないかもとあきらめ支払いました。
ところが。
その後数日して、またチョロチョロ・・・
根本解決(部品交換)しないとダメだったようです。
しかし、仮の宿ですし、1万円以上投資するつもりもなく、あきらめました。
その後1か月ほどして引っ越すことになり、あの壊れたトイレともおさらばしましたが、あの4700円は何だったのかと、ちょっと後悔しています。
ちなみに、アパートを引っ越すときに、仲介会社のほうにはトイレの件は伝えたので、きっとその後、修理されていることと思います。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です