年末近く、シャワーを浴びていたら、急にお湯がでなくなりました。

            

年末近く、シャワーを浴びていたら、急にお湯がでなくなりました。仕方ないので水で洗い流しましたが、凍えるを通り越して、皮膚が痛かったです。

すぐに業者に連絡して、来てくれたのですが、賃貸マンションの為、「不動産屋に確認しないと自己負担になるかも」と言われました。
我が家は貧乏なので、自己負担のお金なんて持ち合わせていません。
その時は、もう夜だったので翌日、不動産屋に電話しましたが、年末の連休に入っていてつながりませんでした。そして業者も正月休みに・・・

大きな鍋にお湯を沸かして、バスタブに溜めてみましたが、そうそう貯まらず、その作戦は1度で諦めました。
運よく、私はヘアサロンに勤めていたので、お店でシャンプーしてもらい、身体はお湯を沸かしてタオルで拭いたり、別に住んでいる妹の家にお風呂を借りに行ったりして正月休みが明けるまで過ごしました。

ようやく不動産屋と連絡が取れましたが、修理に来るのに正月明けで混んでいるとかで、トータル10日ほど、真冬に水で過ごす羽目になりました。

修理の方曰く「壊れる前に、お湯の温度が変わったりする前兆がある」と聞いたので、それからは連休前に少しでも怪しいと感じたら、すぐに点検を依頼するようにしました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です