大量のトイレットペーパーが詰まり、トイレが大惨事

            

私が子供の頃、幼い弟がトイレットペーパーを遊びにしてしまい、大量のトイレットペーパーをトイレの便器に詰まらせました。その大量のトイレットペーパーは便器にたまっていた水を全て吸い込み、紙の厚みも増してしまい、全く流れる様子もなく、固まってしまっていました。しばらくトイレは使えず、近くのコンビニに行かなければなりませんでした。結局、両親が帰宅した後、ゴム手袋でその固まった大量のトイレットペーパーを取り除きましたが、水は通常通り流れることはなく、業者の方に修理をしてもらい、数万円の出費となりました。それからは、自宅のトイレットペーパーはダブルからシングルタイプに代わり、大量に使わないよう、注意を受けました。そして、こまめに流すように言われました。トイレの水のトラブルはいざという時、とても困るので、このようなことが二度と内容、家族全員で気を付けていきたいと思っています。そして、どうしても修理を頼まなければならないこともあるので、近くの修理業者を調べておくことも大切だと痛感しました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です