素人が手を出すべきではなかったと実感

            

集合住宅の我が家のキッチンの水栓は、一体型と呼ばれるものですので、水が漏れ始めると本体を全部取り替えるしかないというものです。すでに何度か業者に取り換えを依頼したことがあったのですが、正直なところ結構本体込み工事費出張費込みの値段が高かったので、前回は自力で直そうとしてしまったのです。
本体はネットで購入して、付け替え方などもネットで調べました。一応自分で出来る範囲では準備万端整えて、本体の到着後にまず古い水栓を取り外すことから始めたのです。実はこれが本当に大変で、丸ごと外せずにホースをカットしたりもしました。
その後の新しい水栓の取り付けは、正直外すよりずっと楽だったので自分としてはサクサク終了したつもりだったのです。
水の元栓を開けなおして、ちゃんと水が出るもの確認してこれで終了と喜んでいたのですが、30分ほどして下の階の人が「うちに水が漏れている」と言いに来たのです。びっくりして付け替えたところをチェックしたのですが、水漏れと言うほどの水漏れもしていなかったので、その人にも見てもらったのです。と、水漏れは見えないけど触ると湿っている、と言われました。とりあえず元栓を閉めてみて、それで下の階の漏れが収まるか見てもらったら、収まったと言う事でしたので明らかにうちの水栓の取り付けが原因でした。
大急ぎで業者に来てもらって取り付けを見てもらったところ、やはりちょっと締めが甘かったのと、付属のパッキンが硬くてフィットしなかったのが原因だろうと言われました。
素人の生兵法のおかげで、結局出張修理に頼む結果になってしまい、これなら最初から頼むのだったと後悔したことは言うまでもありません。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です