まさかの出来事!息子がトイレにアイツを放り込む!!

            

これは息子が9か月の時の話です。その頃私は専業主婦で、その日も息子を連れて買い物に行き、アパートに帰ってきました。帰った途端お腹がグルっと鳴り、トイレへ。息子は後追いする年齢だったので、私と一緒にトイレにいました。そのトイレの棚に丸い置き時計がおいてあり、息子はその置き時計をおもちゃにして遊んでいました。トイレも終わり、ズボンを上げてトイレの水を流した瞬間…息子が何を思ったのか、その置き時計をトイレへシュート!その置時計は放物線を描き、見事にトイレの奥へ吸い込まれていきました。本当に急な行動でとてもびっくりしたのを覚えています。
その時のトイレの水はなんとかながれましたが、そのあとからは絶不調。便器内に水が溜まって流れなくなり、変な音もする…これはきっとあの置き時計が排水パイプのどこかで詰まっているに違いないと思い、ネットで検索をして急いで業者さんに連絡しました。
30分ほどで来てくださり、トイレを点検してもらいました。が、その業者さんが来た時はトイレはすっかり普段の水の流れになっており、変な音も聞こえなくなっていました。業者さん曰く、「多分、詰まったものは流れてしまったのでしょう」ということでした。詰まっていないのであれば修理も不要であるため、謝って帰っていただきました。
ところが、業者さんが帰られた後、また水の流れが悪くなり、またトイレ内に水が溜まるようになってしまいました。置き時計は流れてはいなかったのです。先ほどの業者さんへ再度連絡し、事情を話しました。また家に来てくださり、今度は便器を外し、隅々まで点検してくれました。すると、便器とパイプのちょうどつなぎ目当たりに、置き時計がすっぽりはまっており、ゆらゆらしてました。その置き時計は丸い形だったのですが、ちょうど排水パイプと置き時計の直径が一緒くらい、且つ置き時計の直径の方が排水パイプより小さかったため、ちょうどよくまってしまったようでした。置き時計はパイプに蓋をしてみたり、水を流してみたりと、気まぐれな動きをしていたので、水が流れたり、流れなかったりしたみたいです。
業者さんがその置き時計を取り除いてくれて、外したトイレもしっかり取り付けてくださったので、トイレは元の状態に戻りました。
自分では対処しきれなかったので、業者さんに依頼してよかったなと思いました。その業者さんもとてもいい方で、一から作業を説明しながら行ってくださったので、安心してお任せすることができました。今回は異物によるトイレのつまりでしたが、今後も何かあればプロにお任せした方が安心して生活できると思っています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です