トイレの配管から水滴が垂れるようになってしまった

            

以前自宅のトイレで起きたトラブルです。

私のトイレは水洗の和式便所なのですが、上の貯水タンクと便器まで太めのパイプで繋がっています。
この太いパイプの中には水が流れるようになってるんですが、パイプのつなぎ目からポタポタと水滴が垂れるようになりました。
かなり太いパイプですし、見た目にはまったく歪んでいません。
あと、このパイプは結構年代物で緑色のカビもパイプに生えてるので、汚くて触れないんですよね。
ですから外部的な圧力によって歪んだのではなく、寿命的なものだと感じました。

ただ修理するにあたって、このパイプを自分で交換するのはちょっと出来ないと判断し業者へ依頼しました。
パイプを外す工具もないし、交換にするにしてもどの部品を購入すればいいかもわかりませんしね。
緊急性もありませんでしたし、修理申し込みはネットで行いました。
ネットからだとネット割引適用されるといった理由からです。

割引込みでも修理費は1万2千円ほどかかったんですが、さすが業者さんですね。
パイプを新しいものと交換し、パイプからの水漏れは一切しなくなってました。
すぐに修理してもらえましたし、もし自分でしてたらもっと手間取って周囲は水浸しになったろうし値段は高くとも業者を利用して良かったと思います。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です