改装する前の実家は古くて、築50年くらい経っていたのですが、当時はトイレが頻繁に詰まって困っていました。

            

改装する前の実家は古くて、築50年くらい経っていたのですが、当時はトイレが頻繁に詰まって困っていました。
元々は和式のトイレだったのを祖母が不便だと言うことで、洋式に替えたのですが、便器は新しくなっても排水システムは古いままなので、とにかく頻繁に詰まっていました。
また祖母が少々呆けてしまっていて、トイレットペーパーを大量に流してしまったり、物を落として流してしまったりして、常にトイレのトラブルがありました。
トイレが詰まると水が逆流してきて大変なことになってしまい、よく母が家の外の排水溝に長い棒を入れて詰まりを直していました。
今から考えるとちゃんとした業者に頼むべきではなかったのかと思いますが、何故か母は自分で直していました。
トイレを使用する度にまた詰まるのではないかと、いつもヒヤヒヤしながら使っていました。
落ち着くはずのトイレが何故かストレスになってしまっていました。
子供の頃だったので、業者に頼むと幾ら掛かるのかなんて知らなかったのですが、大人になりそんなに高額でもないと知り、益々頼めば良かったのにと思います。
そのトラウマなのか、現在は自分はマンションに住んでいますが、常にトイレが詰まったらどうしようと妙な心配をしてしまいます。
なので、直ぐに業者を呼べるように電話番号も控えています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です