排水ホースのさし方に問題がありました

            

以前賃貸のアパートに住んでいた頃、室内の壁と床の隙間から水が漏れ出すという事態になった経験があります。
最初は配水管が原因か上の階からの水漏れかと思って水道屋さんを呼びましたが原因がよくわからず、とりあえず高圧洗浄をしてもらいました。それでもまた同じ状態が続き、3度目くらいにやっと洗濯機の排水ホースのさし方が原因ということに気づくことができました。

当時の住まいには排水ホースを固定する装置が付いておらず、ただ丸く穴が開いたところに直接ホースを差し込むだけでした。そのつくりのせいでホースが抜けてしまうのが不安だった私はしっかりと真下に向けて垂直に深く差し込んでいたのですが、そのせいでホースの出口と排水間の壁がぴったりとくっついてしまい、水が管に流れ出ずに溢れてしまっていたそうなんです。水道屋さんには「たまにあるケース」と言われましたが、正直なところ素人では考え付かないようなミスだと感じ、もっと早くチェックしてくれたらよかったのに…と思ってしまいました。

原因がわかるまでは謎の水浸しに怯え、排水のにおいにも悩まされました。賃貸なので保証面でも不安がありましたし、とても落ち着かない生活を送っていた嫌な思い出となっています。自分のミスが原因ではありますが、何も知らない素人でも問題なく使えるつくりであることが住まいの条件だと思いますし、「賃貸物件ってこんなものか」とがっかりもしました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です