水漏れ工事業者の意外な対応

            

ある日の夜11時くらいの時ことです。
翌日は仕事がいつもより朝早いため、すでにベッドで休んでいましたが、寝室の隣のトイレからわずかに水の流れる音が聞こえているのに気がつきました。家の人が使った後なのだろうと思い、すぐ止まると思っていたものの、止まる気配がないので見に行くと、水が流れっぱなしになっていて、タンクについてるレバーに触れると、レバーが緩んでおりそれが原因のようでした。時々あることなので、それまではもう一度レバーをそっと動かすと直っていたので、試してみましたが直りませんでした。
新聞広告と一緒によく郵便受けに入ってくる水漏れ業者の広告を取ってあったので、それを見て、24時間対応というところに電話をかけてみました。すると、「24時間いつでも駆けつけます」と書いてあったのに、「今日はもう遅い時間ですので」と断られてしまいました。ほかにもいくつか別の会社の広告もあったので、順番にかけてみましたが、夜の水道のトラブルは多いのか、どこもすでに忙しくて無理だったりと、ことごとく断られました。がっかりしましたが、最後の1社が、応急処置の仕方を教えてくれたので、それを電話で教わりながらなんとか水を止め、その後は、幸い、自分でタンクのふたを開けたりして修理ができましたが、水漏れ業者はいつでも対応してくれると思っていたので、予想外の結果に驚き、トイレももっと気を付けて使わなければと思いました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です