ユニットバスでトイレと風呂が一緒のタイプでした。

            

アパートで一人暮らしていた時のことですが、ユニットバスでトイレと風呂が一緒のタイプでした。ある日、終わって水を流したところ、何かおかしい?いつもと音が違うなと思った途端に、ドンドン水位が上がってきて…時々ありましたので、スッポンを使用して何とか流れホッと一息ついてといったことがあった後で、どうにもならない状態になりました。次に同じことが発生した際に、スッポンがきかず水位がドンドン上がってきてしまいました。その日は、見るのが怖くて、その日は風呂にも入らず、時間が経てば水位が下がるかと期待もしましたが、トイレに行きたくなったら等々も考え、これは、無理だなと感じ、業者にお願いして直してもらいました。かなり大掛かりで、入り口の床板を剥がしての工事になりました。原因は、生理用のナプキンを流してしまったことでした。中で水分を吸って、かなり膨張していたと業者の話がありました。そういえば、酔って帰ってきた時は、そういうこともあるかな?と反省しました。ポリマー系の物は、流してはいけないと思いました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です