お風呂の排水溝の水漏れで下の階まで迷惑をかけていました。

            

かつて築30年のアパートに住んでいたことがあったのですが、設備がかなり老朽化していたようで水道に関するトラブルがかなり多かったです。

ほとんどが室内でのトラブルでしたが、1回だけ他の住民に迷惑がかかってしまうような事態に陥ったことがありました。自分たちは全く気付かなかったのですが、下の階の住人からの指摘で我が家の風呂場のどこからか水漏れしていることがわかりました。業者に調べてもらった結果、自宅のお風呂場の排水溝の部分が一部破損していて下の階の天井から水漏れがしていたということでした。

自分の室内だけでなく階下にも影響が出ているということで住宅管理会社がすぐに水道業者を手配し、修理をしました。経年劣化ということと複数の室内にまたがって影響が出ているということで修理費用に関しては住宅管理会社と家主側で持つことになり、自分には修理費用は発生しませんでした。

しかしそれ以降は自宅での水道トラブルが他の部屋にまで影響を与えやしないかということを危惧したことから、自宅でちょっとしたトラブルが起きたら必ず住宅管理会社を通して修理業者を依頼し、他の室内に影響が出ていないかどうかを聞くようにしています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です