トイレ封水が切れ悪臭と虫が発生

            

旅行などで長期間家を空けるときに問題になるのが、トイレの悪臭の問題です。トイレの悪臭の原因は、様々ありますが一番多いことは、封水が切れ、間から悪臭が漂ってくることです。

去年の夏に、家を一ヶ月程度留守にしたことがありました。その際に、トイレの蓋を閉めずに、開けっぱなしで出掛けてしまいました。家は洋式便器で、封水が少なめの形状であったため、封水が切れることに注意しなければいけませんでした。1ヶ月の出張から帰ると家の中に悪臭が漂っており、少しコバエも飛んでいる状況でした。

自分は、臭いのする方向に行き、トイレの便器の中を見ると封水が切れており切れた部分から、コバエが上がってきていました。急いで、流し封水をしましたが悪臭やコバエはなかなか消えなかったです。賃貸マンションであったため大家さんに詫びをいれ、業者に来ていただいて家全体を消毒しました。

封水を切れないようにするためには、大便器を据え付ける際には、封水が多いものを選ぶこと、長期間不在にするときは、便器の蓋を閉めることが必要です。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です