急に起こるトイレの詰まり。業者を呼んでなんとか解決

            

普段から胃腸が弱いのですが、この時もお腹を壊していた時のお話です。

その日トイレで何度目かの用を済ませ、いつも通りに水を流すレバーを引きました。
そうすると、一度は穴の中へ入っていった水がゴボゴボっと逆流してきて、便座内いっぱいに溜まりました。
幸いそこから溢れ出すことはなかったものの、緊急事態です。

レバーを何度も引いても反応しません。
半ばパニック状態でしたが、水廻りに関する業者の広告用マグネットが冷蔵庫の扉に貼ってあることを思い出し、そこに載っていた電話番号に助けを求めました。

一時間ほどして業者の方が到着。
事情を説明し、作業に取り掛かってもらいました。

作業はまず、ラバーカップで便器底の穴を吸引していました。
ですがそれでは直らず、便器を外しての大掛かりな作業となってしまいました。
作業時間は二時間ほどだったと思います。

業者ではなく自信で直すことは難しいように見えました。

原因は、主に紙の詰まりということでした。

確かに、用を済ませて紙を使用する際、たくさん使う癖がありました。
そこへお腹を壊していたため何度も立て続けに紙を流したのが良くなかったようです。

その後は反省し、あまり多くの紙を使わないように心がけています。
ただ少ない紙では心もとないため、デリケートな部分の拭き取り用の薬品を併用しています。

中にはトイレットペーパーの芯を便器に流してしまう人も居るようですが、絶対にやめるべきです。
間違いなく詰まります。

トイレットペーパーだけでも詰まることがあると心に留めて、無理なく使用しましょう

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です