人じゃ無理と判断しCMで有名な水トラブル業者を呼びました。

            

トイレの水が溢れ出すトラブルが起こり、周辺を掻き出したりしてみましたが原因がわからず、素人じゃ無理と判断しCMで有名な業者を呼びました。

トイレを分解しパイプを点検してもらうと、出るわ出るわオモチャにタオル、子供のパンツまで。業者さんも「ここまでスゴイのは初めてです」とあきれるほどの詰まり具合でした。

犯人はオムツが取れてトイレトレーニングを始めた息子と、見守りを頼んでいたのにサボっていたダンナです。ペーパーでの拭き方や流し方を教えてもらい、息子の好奇心が大いに刺激されたのは明白でした。結局、下水道の掃除や便器の解体費用など合わせて3万円近く掛かり大きな出費となりました。子どもがトイレが一人で出来るようになる頃は、イタズラ盛りだという事を思い知りました。

それからも、トイレットペーパーをロールごと流したりオオムツを押し込んだりフィギュアを詰めたり、子育ての歴史にはトイレトラブルがつきものでした。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です