トイレの水が止まらなくなったときの対処法

            

夜、トイレを済ませベッドで本を読んでいたときのことです。

私の寝室はトイレに近いので、トイレの水を流すと止まるまで音が聞こえるのですがその時はなぜかずっと止まる気配がなかったのです。
不信に思い確認にいくとやはり流れっぱなしでした。タンクの横レバーを触ると、レバーが完全に緩んでいました。

そんなに力いっぱいレバーを動かした覚えはないのですが、このままではトイレが使用できないのでとりあえず、タンクの上の蓋を外し、懐中電灯で照らしながら中を覗いててみました。

すると、ぶら下がっているはずの鎖のようなものが外れて底のほうに落ちていました。それを拾い上げ、丸い重りのようなところに引っ掛けてもう一度レバーをゆっくり動かして見ました。

レバーは相変わらずまだ揺るんでいる感じはあったものの、その後、すぐに水は止まってくれました。コツは、レバーをとにかくスローモーションでゆっくり回し、かつ一番端で一瞬だけピタっと止めることです。

おかげで業者を呼ばなくて済みましたし、その後の何度か同じ経験をしましたが、レバーを動かすことのコツを間違えなければ、直すことができました。何事も慌てないことだと思いました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です