トイレタンクからの異音

            

築10年の賃貸アパートに住んでいたころ、使っていたウォシュレットのタンクから「ピーーーーッ」という異音がするようになりました。

レバーを引いて水を流すと鳴るので、どこからか水が漏れているのかなぁ、と思い、タンクのフタを開けたところ、給水管が繋がる管、ボールタップ付近から音が出ていました。

おそらくパッキンの劣化で水が漏れて、水圧で「ピーー」だの「プシュシュシュ」だの音が鳴っているのだろうと見当がつきました。

さっそく、分解してパッキンを見てみると、経年劣化で所々溶け、ヒビが入っていました。
大きさを確認して、近くのホームセンターで売られている市販のパッキンと交換したところ、音は鳴りやみました。

もし、私のように自分でトイレの中を見たり、修理したりする場合は、トイレの水栓を締めてからやりましょう。

そうしないと、水浸しになってしまいます。それと、分解する時は、順番や部品の場所を忘れないように注意してくださいね。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です