トイレのタンクの水が止まらない。

            

トイレのタンクの水が止まらなくなりました。水を流した後、ずっとチョロチョロと流れているのです。始めは原因が解らず、レバーの部分が戻っていないのかと思い、何度も流してはレバー部の調整をしてみました。

一向に水が止まらないので、ネットで検索してみました。タンク内の浮き球の故障がもっとも多い原因だと分かりました。早速、タンクのフタを取り外し、一度水を流してみました。水の水位が上がってきても、一向に水は止まりませんでした。ネットに書いてある通りに浮き球を少し持ち上げてみます。ピタッと水が止まりました。

この浮き球を調整すればいいんだと思い、浮き球の芯の部分を曲げてみました。水を流し、水位が上がるのを待ちます。さっきより勢い良く流れているのです。浮き球の芯の部分を逆に曲げて、もう一度流してみます。

今度はほんの少しだけチョロチョロと流れています。すごい微調整が必要な感じでした。それを何度も何度も繰り返し、やっとの思いで水を止める事が出来ました。こんな浮き球一つが物凄い精度で作られているのです。大変苦労はしましたが、業者も呼ばずに部分も買わずに無料で直せたので良かったです。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です