引越しをした家の水トラブル

            

引越しをした住まいが長年入居が無かった事もあり、住む際に水周り等に問題があったら3ヶ月以内にご連絡下さいと事前に言われていました。

住んで数週間は違和感なく過ごせましたが、ある日トイレの床が濡れている事に気づきました。拭いても翌日にはまた濡れているので原因を探ると、隣りのお風呂の壁隙間から滲み出ているのだと分かりました。

すぐに業者さんに連絡して一度確認をしてもらった後、隙間を埋める作業をする為の日取りを決めました。当日は浴室を乾燥させた状態で作業するのが好ましいとの事で前日のお風呂を早くすませ、換気扇をいつもより長く回して、ドアも開けっ放しにして湿らないように努めました。

当日はスタッフさん二人で担当してもらって朝からの作業でした。風呂釜も出すので結構大掛かりなんだなと感じました。作業中は浴室の隙間を埋めるだけなのでトイレは使っても良かったのですが、隣で作業なさっているのでしづらかったのが正直な所です。

隙間を埋めて固める為に暫く放置する際にスタッフさんが一度家を出ましたので、その時にトイレを済ませました。その後風呂釜を再び元に配置する為スタッフさんが作業を再開して完了となりました。

その日にお風呂に入って良いとの事だったので凄いなぁと嬉しかったのと、浴室掃除の時に壁との接着境目になるような部分はあまり強く擦ったりしないで下さいとアドバイスを頂きました。

作業後は浴室が暫くゴムの様な独特の匂いがこもったりしましたが徐々に消えていきましたし、トイレに水が入ってくる事も無くなったので早めに対処して頂けて良かったなと思います。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です