最近のトイレは複雑で自力修復は困難です

            

公共施設を複数管理している財団法人に勤務していることから、水道やトイレなどが故障することが結構あり、その都度軽度なものは治していたので多少の故障は自力で直せると思っているのですが、最近のトイレはだんだん自力での修復は難しくなってきています。

特にウォシュレットが絡むとまず自力での修理は不可能のいってもいいでしょう。昔ながらの水洗トイレであれば、故障個所もだいたい決まっていて、該当箇所のパッキンを交換するくらいで治ることがほとんどでした。

現在ホームセンターに行けばトイレや水回りの交換部品はだいたいのものは売っているので、交換も慣れてくればそれほど面倒なものではありません。ですが、ウォシュレットが絡んでくると故障はほとんどが電気系統の事が多くそうなるともう素人ではお手上げ状態です。

以前自宅のトイレが水漏れをおこし、いろいろ原因を調べてみてもわからなかったのですが、業者に見てもらったところウォシュレットが故障していて、そこに水を送っている個所からの水漏れでした。

使用する方にとってはウォシュレットは非常にありがたい機能で、一度それに慣れていしまうと、昔のようなひんやりした便座に座るのも嫌になりますし、使用後に洗浄ボタンがないことに気付くとがっかりしてしまうこともよくあります。

ですがひとたび故障してしまう修理の手間は以前に比べると倍以上になってしまいます。現在は無理でも、今後そう言う事を想定して、ホームセンターに交換部品が並ぶようになると自分で直してみたい人にとっては非常に助かるのになぁなどと考えています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です