トイレのつまりで大変なことになりました

            

よくありがちな話かもしれませんが、家のトイレが詰まって大変なことになりました。

普段から流してはいけないものを流したり、トイレの掃除クリーナーなどの詰まりやすいことをしていたわけではなく、普通に用を足し続けていただけなのですが、ある日突然、大きな方の用を足した時に詰まってしまったのでした。

最初は軽くみていたので、家にあったラバーカップを何度も使って詰まりが解消したと思い水を流したら、便器から水が溢れて大参事になりました。トイレの床は汚水で水浸しになり、慌てて雑巾でバケツに汚水を集めて、便器の詰まりは更に念入りに他のバケツにくんだ水を少しずつ流しながらラバーカップで引く力を重点的に利用してなんとか普通に流れるようにしました。

詰まりが解消されても汚水で汚れた床や水が飛び散った壁の掃除を何度も拭いて、仕上げにアルコールスプレーで殺菌までしてようやく落ち着きましたが、トイレのトラブルは甘く見てはいけません。水と共に汚物が溢れだしてきたあの衝撃を思い出すと、

二度とトイレが詰まった時の対応を間違えまいと思います。ラバーカップは適当にすぽすぽ空気の出し入れをする程度では絶対にいけません。便器の水に流れる穴にラバーカップを隙間なくぴったりとあてて、ゆっくりと力を加えてこれ以上ないところまで押して空気を抜いてから、

一気に引き上げる。引っ張る力が重要なのです。その時は床に汚水が溢れたといってもすぐに対応できたから良かったですが、下手をすると汚水が下の階に水漏れしたりする可能性もあるので、トイレの詰まりの対応は充分に気を付けるべきですね

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です