台所の蛇口から水漏れが発生していたことです。

            

賃貸アパートへ入居する際に、管理会社が指定した緊急対応サービスへ加入することになりました。

いざという時にすぐに来てもらえれば安心だと考えていたのですが、水道を開栓して最初に気が付いたのは、台所の蛇口から水漏れが発生していたことです。

下見段階では水の開栓をしていないので、水漏れが発生していることに気が付きませんが、蛇口の根本部分からジワリと水漏れが続いていることが確認出来ました。

すぐに緊急対応サービスに連絡すると、対応可能なスタッフのスケジュールが1週間後にならないと空かないという意味不明なことを言われたので諦めて、原因を探るとパッキンの劣化だと判明しました。ホームセンターで対応するパッキンを購入して、プライヤー片手に交換することで水漏れ自体は解消しましたが、今度は蛇口を回しにくくなってしまったので、再度インターネット検索して原因を探ることになったわけです。

パッキンを交換した後に、上から占めるキャップを強く締めすぎていることが原因でした。

再度蛇口カバーを外してキャップを少しだけ緩めて対応しましたが、締め加減までは最初に思いつきませんでした。何とか無事に自力で直せましたが、水回りの緊急対応サービスは賃貸管理会社指定のものではなく、自分で最初から見つけておけば良かったと考えています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です