台所の水道の蛇口が壊れて水が止まらなくなりました。

            

かつて築30年ほどのアパートに住んでいたことがありましたが、設備が古いだけに故障や不具合はしょっちゅうありました。

中でも一番大変だったのは、台所の水道の蛇口が故障してしまったことです。夜に突然故障してしまい、水が止まらない状態になってしまったためにアパートの管理会社の指定する夜間対応の業者に依頼して修理をお願いしました。

一旦はそれで直ったのですが、数週間ほどして再び同じところが故障してしまったので今度は水道専門業者を呼びました。しかし急なことだったのですぐには来てもらえず、修理が来るまで約1日ほど全く水道が使えない状態になってしまいました。

これは通常水道を使用する箇所にはそれぞれ取り付けられている見えない部分の蛇口があるのですが、台所の水道の箇所だけにはなく、そこだけ止めることが不可能だったからです。

なのでその間は水道の元栓自体を閉めないといけない状態だったのです。専門業者に依頼してきちんと水道の蛇口は直りましたが、他の箇所も同じように故障して後で大変な思いをすると嫌だと思い、そこから新しい家を建てるという話が進んで約1年半後に転居しました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です