台所の蛇口の交換を甘く見ていたら

            

台所の水道の蛇口が水漏れしてポタポタと流れてきたので交換したいと思い近くのホームセンターで同じサイズの物を買って主人に取り付けてもらいました。できるかどうか不安でしたが、主人に任せました。しかしモンキースパナーが入らず四苦八苦してどうにか変えました。水漏れしていた所からは水は流れ無くなり、上手く取り付けられたと安心していました。

一週間する頃、お隣さんが「裏の壁に水がしみこんでいるよ」と教えてくれました。驚いて見に行くと、壁の一部分が確かに濡れています。結構大きな範囲でした。思いつく事はやはりこの前、取り換えた蛇口の取り付けが悪かった事でした。主人もチャレンジしてくれましたが、おてあげでした。焦ってしまい、ご近所に工務店さんがあったので、駆け込み、訳を話して見に来てもらいました。

工務店さんは水道屋さんを呼びすぐ見に来てくれるよう手配をしてくれました。台所の下をあけ排水口から見てくれ、裏の壁を割らないといけないとの事で少し大がかりな工事になりました。割った壁の部分は次の日に工務店さんが塗りに来てくれました。

修理をしてもらい、水もれは無くなりました。やはり水回りは専門家に任せないといけないなと思いました。家にはピッタリ合う道具もなく、道具を買う必要もありましたし、排水までの事を考えず、出ている蛇口さえ変えればいいと言う、素人な考えが大きな工事になってしまいました。

始めから頼んでおけば取り付けだけで済んでいたのにと思い後悔もしました。費用はかかりましたが、ほっとく事もできないので仕方ない事でした。快く仕事を引き受けて頂いた工務店さんにも感謝しています。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です