土曜日の夕方にガラスを割ったら事件です

            

土曜日の夕方に、リビングで滑って、膝がリビングのガラスに当たって割れるという大惨事が起きました。
滑って転んだこともびっくりしましたが、膝が当たってガラスが割れたことにはもっと驚きました。
寒くなってきて、風も強かった時期だったので、リビングのガラスが割れてしまったら寒くて仕方ありません。
でも、何よりも、土曜日の夕方というのがこの事件のポイントです。
夕方6時を回ってから、リビングのガラスが割れてしまって、そこから自宅周辺のガラス修理やさんをネットで検索しました。
ヒットしたところから順番に電話をかけてみましたが。ほとんどすべて留守電になっています。
ようやく電話がつながったお店は、今日はもう閉店で、月曜日までお店は開かないというのです。
それを聞いたら、仕方ないと諦めがつきました。
そして、ネットで、近所で早くて安いと評判のガラス修理やさんを探して、月曜日になったら電話をしようと準備をして、あとは、家でゴミ袋をガムテープで貼って、雨・風・寒さをしのげるようにしました。
とっても恥ずかしい光景だし、2日間とっても寒かったし、なにより風でビニール袋がかさかさ鳴るのがうるさくてくつろげませんでした。
月曜日には仕事を休んでガラス業者を呼んで一日がかりで取り付けをしてもらいました。
まず、電話をして、事情を話したら昼ごろに都合をつけて自宅にきてくださるとの事。
ガラスのサイズあわせなどがあるので、トラックで来て扉をはずして持って行き、そしてそれを持って新しいガラスをはめてまたトラックで持ってきてくれました。
その間4時間半くらい、扉が無い状態だったので、雨戸を閉めて真っ暗な中を暮らしていました。
こんな大事になるなんて、土曜日にガラスが割れるというのは本当に長い時間がかかる大事件になってしまいました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です