洗面所の下の水回りは、もう触りたくありません。

            

この前、洗面所の排水の流れが悪いので、妻になんとかしてほしいと頼まれました。

最初は排水口のゴミとりを掃除したり、薬品で詰まった髪の毛を溶かしにかかりましたが、効果が見られませんでした。それならばと洗面所の下の排水管を分解して掃除することにしたのです。

この時初めて知ったのですが、洗面所下の排水管は全てブラスチックねじで固定されているものではなく、何故か所々がただ差し込むだけの不安定なものだったのです。そんな中、取り外しについては造作なく、分解した後は風呂場で歯ブラシを使ってヘドロ状のゴミを取り除き、きれいにすることができました。

清掃後、さて装着しようと、分解したときと丁度逆工程で装着し、うまく装着できたか水を流してテストしたところ、差し込むだけのところからポタポタと水漏れがするのです。さて差し込みの角度が悪かったのかと思い、再度分解・装着しなおしても水漏れは止まりません。

このままでは家族が洗面所を使えない状態が続きます。事態に焦りつつも、これだけのことで業者を呼ぶわけにもいかず、ああでもないこうでもないと分解・装着を10回くらい繰り返しても水漏れが止まりません。単純な構造だけにほとんど工夫する余地がないので途方にくれました。

2時間近く惰性で繰り返し作業を続けていた結果、ある時何故かピタッと水漏れが止まりました。なぜ止まったのかわかりません。とりあえずそれ以上は触らず何とか使い続けています。もう二度と洗面所下の排水管は触りません。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です