6年近く前から4年程度浴室の排水からの逆流に悩まされました

            

現在住んでいる賃貸マンションは20年近く住んでいて、かなり経年している建物です。
 そのためか結構トラブルが出てきており、その1つとして2010年(平成22年)のクリスマスの頃、夕食直後突然浴室からボコボコする音が聞こえ不快臭もしてきました。見るとコンクリートタイル張りの床に粕みたいなものが大量に溜まっていました。新聞紙などを使って取り除きましたがえらく時間がかかりました。おそらく排水管からの逆流かなと思いました。
 その後次の年、2011年の春あたりに2回程度そのようになりましたが、そうしょっちゅうは発生していないのでこんなものかと見過ごしていました。浴槽の水をまとめてそこの排水口から下水に流す仕組みだったので水抜きに1~数時間かかることも多かったので気になってはいましたが。ところが夏になると週に数回同じ現象が現れたり、夜浴槽の水栓を外して抜いたお湯が床に溜まったまま1日経っても抜けずに大量に残っているというふうに、よりひどくなってきました。そこで緊急事態だと管理している不動産会社に電話したところ、ラバーカップを買ってきて上の棒を上下させて撹拌すればよいと言われ試してみました。ところが状況は全く同じでした。それで再度電話して業者さんに来てもらいました。外のマンホールを開けて点検してもらうと髪の毛が大量に溜まっていて、さらに箸その他も流れてきていたのです。私の部屋は1回にあり下水管も上の階との共用で、その上の階に住んでいた人が知らずに流していた可能性が高いのです。日常的に心ない行為をしている人が予想以上にいるのだなと思いました。
 その後しばらくは平穏を保っていましたが、2年前の2014年の10月末位から週数回同様のことが再発しました。そこで業者さんに何回か来てもらいましたが状況は大してよくなりませんでした。最終的には12月のクリスマス直前に別の業者さんに高圧洗浄で掃除してもらいました。そうしたら完全におさまり、ここで述べたような現象は2年近く再発なしです。
 最初から高圧洗浄してもらえたらよかったのにと思いました。その意味で不動産会社による業者の採択や各業者さんにおける技術水準の保持は結構難しいとも思いました。

関連記事

; ?>

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です